不動産会社もフランチャイズでできる|夢を叶えよう

進歩するお会計システム

レジスター

多彩な機能と有効活用

実店舗を運営する小売業は、その場で現金やカード類のお会計が発生するため、ほとんどの場合はレジ導入が必須となります。レジによる販売金額の記録は、法人として支払う税金にもかかわることから、詳細な集計が可能であるほど便利で有利となるでしょう。導入しない場合は手書きの伝票となるため、客数にもよりますが平均的なサービスレベルより低くなると理解するべきです。一方で導入店舗はお会計がスムーズになり、お客にストレスを与える心配が少なくなります。近年はレジシステム全体の技術が急速に発展し、従来のメカタイプからPOS(ポス)へと世代交代が進行中です。メカタイプは緊急用や催事といったイベント用で活躍し、POSが店舗のメインレジとして採用されているのです。POSのポイントはレジ以外の機能が充実している部分にあり、インターネットの技術をフル活用できる設計となっています。ネットワークの構築により、データのやり取りが自由にでき、離れた場所からでも閲覧や操作が可能です。また、商品別の売上集計機能が強力であるため適正発注が実現し、機会・廃棄などのロス削減にも活用されています。このほか、メカタイプとPOSの中間に位置するレジとして、オフラインで使用する方法もあります。通常のPOSレジと同様に操作でき、集計データの送信時にはオンラインで使用することも可能です。いずれにしても専用ソフトのダウンロード・インストールが簡単であり、端末やプランの費用は、個人経営でも利用しやすいように設定されています。