不動産会社もフランチャイズでできる|夢を叶えよう

高収益のビジネスモデル

フランチャイズに加盟するのが、効率的に飲食店を経営するための基本ですが、専門学校やセミナーで積極的に学ぶ姿勢も大切です。弁当の宅配サービスにも新規に参入したり、独自の食材調達ルートを構築することが、収益アップにつながるでしょう。

進歩するお会計システム

レジは売上集計機能が強力なほど有効に活用でき、サービスレベルを保つためにも必須の道具です。従来のメカタイプは緊急用やイベント用として活用し、メインレジはPOSを導入する傾向が広まっています。POSはインターネット技術が併用でき、強力な集計機能は、適正発注による機会・廃棄ロスの削減にも効果的です。

診療予約を増やす方法

内覧会は、新規開業を迎える歯科医院を地域の人々にお披露目するイベントです。院内の見学や院長との交流を通じて認知度を高め、予約獲得につなげるのが目的です。プランニングから実行まで、専門のイベント業者が手がけています。

信頼第一の仕事で開業する

Real Estate

実績あるノウハウを活用

いわゆる「街の不動産屋さん」の中には、全国あちこちで同じ看板を掲げている店があります。あのような店は一見すると1つの会社の各支店のようですが、実際はそのかなりの部分がフランチャイズ方式によって運営されています。フランチャイズ方式とは、個々の店舗が独立採算制を保ちつつもチェーンとして組織され、運営本部からさまざまなノウハウの提供を受けながらビジネスを展開する経営方式のことをいいます。小売業や飲食業では以前からおなじみでしたが、最近では不動産業のようなサービス業でも普及が進んでいます。では、通常の不動産業者とフランチャイズの不動産業者はどんな点が異なるのかというと、まずは冒頭に述べた商号の使用です。フランチャイズの場合、各店舗は統一された商号のもとに事業を行い、店舗デザインやスタッフの制服などもかなりの程度まで画一化されます。これにより、大手チェーンによるブランドイメージが強調され、顧客の信頼感が向上します。また、店舗間の情報ネットワークもフランチャイズならではの独自性です。多くのチェーンは独自に開発した情報管理システムを持ち、各店舗にその端末が設置されます。これにより、自前で獲得する分をはるかに上回る物件情報を扱うことができるようになります。これ以外の部分は、通常の独立店と同様に個々の経営者の努力と工夫によって運営されることになります。ただ、フランチャイズには多彩な研修プログラムが用意されており、営業スキルを向上させるためのサポート体制が整っているという特色もあります。